【ドロップシャドウ】意外とやりがちなミスはこれだ【文字の縁】

こんにちはあるです!

間違った「ドロップシャドウ」と「縁」の使い方を
最近よく目にするので上手な使い方をやっていきます!

よく見かけるのが何でもかんでも足してしまう人が多いです。
綺麗なデザインに関しては引き算が大切になってきます。

使い方を間違えると見づらくなってしまったり
イメージを壊してしまう使い方もあるのでせっかく使うなら上手な
使い方をしていきましょう!

目次

縁の使い方

まず文字の縁ってどういう時につかいますか?と聞いた時に


「文字が見えにくいので縁をつけます」

こう答えるデザイナーさんがいます。

まずその考えを変えて行きましょう!

全てをしっかりデザインしないといけないので、

文字の縁はデザインするためにつける

これでないとダメなんです。

寒気がするほどダサいですね・・・

ただ見えづらいから縁つけちゃうと上のデザインのようにになってしまい
最悪もっと見えづらくなります。

完全にデザインの邪魔をしてしまっていますね。

文字が見えづらい時は工夫して見やすくして行きましょう。

このように後ろに色をひいたり、文字色を変えて見えやすいようにしたり、
画像の明るさをかえてもいいですね!読みやすくを意識するといいです。
この一手間を加えることによってデザイン的にも邪魔をしないでいいですね!

ただ、縁をつけるデザインもあります。
ただつけるのではなく「縁」もデザインしていきます。

こんな感じにするとデザインの一部となっているのでいいですね。

縁の使い方がうまくできない人はまず、

縁を使わないでデザインする。

これをやってみましょう。どうしてもダメな時はデザインの邪魔にならないように
デザインに溶け込むようにしてみましょう。

ドロップシャドウの使い方

ドロップシャドウも先ほどの縁と一緒で
デザインによっては使わない方が断然いいです。

まずはこちら。

これも全てをぶち壊していますね。覚えのある人はいませんか?

シャドウが強くて読みやすいんですが、主張が強すぎて全体のデザインを
よりもそのシャドウに目がいってしまいます。

これもさっきと同じく下に色を引いたり文字色を変えて見えやすいようにしたり、
画像の明るさをかえて読みやすくして見てみましょう。

こうすることで写真の邪魔をしないでスッキリします。

また、シャドウを使う場合にはうっすら入れることは
大切なときもあるので加減を気にしながら使って見てくださいね!

これくらいうっすらがとても綺麗です!

これを守っておけばデザインの幅も広がるのでぜひ試してくださいね!

まとめ

縁やシャドウを使わなくても可読性が確保される場合は

使わない!

これですね。

シャドウやフチの使い方次第でデザインの良し悪しが
決まる場合もあるので是非参考にしてもらって綺麗なデザインを作れるように
なってくださいね!

ではでは良いデザインライフを!

この記事はARU氏の運営していた「ARULOG」より2021年8月に移管された記事です。

この記事を書いた人

ARU

デザイナー歴11年
ブロガーに寄り添うプロデザイナー
Kindleでブロガーデザイン本発売中
フォロワーが伸びるヘッダーをココナラで販売中
twitterでデザインのヒントを発信 @awdesign6


目次
閉じる