【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしで綺麗に物を消す!【デザイン初心者でも簡単】

こんにちはあるです!

今回はPhotoshop(フォトショップ)を使ってものを消すやり方を紹介していきます!

デザインをやっているとお客さんからもらう画像で

  • 「この人消せないかな?」
  • 「この建物のこの部分って消せますか?」

など相談を受けることが結構あります。

そんな時も「コンテンツに応じた塗りつぶし」を使えば問題解決です!
また、少し深掘りをしてさらに自然になる方法を書いていきますので、ぜひ最後まで呼んでくださいね!

では早速始めていきましょう!

目次

実際に消してみよう!

今回使用する画像はこれです。

この画像を使用していきます。これは下記からDLできるようにしてあるので練習にでも使って見てくださいね!

この画像のこの女性を消していきます!

コンテンツに応じた塗りつぶし

まずは、なげなわツールを使って女性を囲っていきます。

こんな感じにざっくりでいいので囲みます。

つぎに「編集」「コンテンツに応じた塗りつぶし」を選択します。

するとこの画面が出てくるので右側の仕上がりを見ながら右側の数値をいじっていきます。
これくらいでだいたいで大丈夫です!

これだけでもだいぶ消えましたね!
基本的にここまでで対応できるものもたくさんあるのですが、今回のように少し違和感が残ってしまう場合もあるので、少し手を加えていきましょう!

コピースタンプツールを使う

このツール・・・すっごく便利です!!
このツールだけでも使いこなせればものを消すことができるんですが、時間がかかってしまうので組み合わせて使うのが最強です!

背景を複製してから作業してきます。(なんかあっても元画像に戻れるように・・・)

optionキーを押してコピー元を選択し、塗っていきます。

するとぐにゃぐにゃだったセンターラインもこのとおり綺麗になりましたね!

これでだいぶ綺麗になったのであとは色味調整でごまかします!笑

トーンカーブで色味の調整

トーンカーブを使ってコントラストを強くしていきます。

これをすることによって消した部分が全体に馴染み綺麗になります!

物を消す方法

意外と簡単にできる「ものを消す」作業でした!

ではではみなさん良いデザインライフを!

この記事はARU氏の運営していた「ARULOG」より2021年8月に移管された記事です。

この記事を書いた人

ARU

デザイナー歴11年
ブロガーに寄り添うプロデザイナー
Kindleでブロガーデザイン本発売中
フォロワーが伸びるヘッダーをココナラで販売中
twitterでデザインのヒントを発信 @awdesign6


目次
閉じる