デザイン事務所ってこんな所

こんにちはあるです!

今回はデザイン事務所ってこんな所ですよっていうのを紹介していきます!

実際に経験したデザイン事務所のあるあるを書いていくのでこれからデザイナーになりたい人は参考程度に見てもらえればと思います!

あくまでこの話は僕の勤めたことのある会社の話なので一概にこう言った世界だよ。
というわけではないのであしからず。

目次

服装、髪型、自由すぎる

はい。これ本当に自由すぎます。

髪色なんてもうカラフルすぎてある意味華やかですね笑

一時期赤い髪、金髪、青い髪のデザイナーが横並びに座っていたときはもう信号すぎて笑っちゃいましたもんね笑

ちなみに僕は真ん中の黄色でした。

服装も本当自由で強者になると甚平に下駄というスタイルの人も現れます。

あとデザイナーって髭率が高いです。素敵なヒゲを蓄えております。
あと丸いフレームのメガネの人多めです。(わたしもヒゲがあってメガネは丸いやつ)

あと、タトゥーもOKです。流石にクライアントのところ行く時は隠しますが、、、

華やかとは真逆

デザイナー=華やかな仕事

こういうイメージが強いですが、実際の作業は「とてもとても地味」です。

中には本当にイメージ通りのデザイン会社もありますが、基本机に向かってカタカタしてるので華やかさのかけらもありません。

深夜残業がつづくとここは地獄かなって思うくらい混沌としていますよ。

瞬間瞬間を切り抜くと割と華やかには見えると思うんですが割り合いが少なすぎますね。。

机に非常食貯めがち

残業が続いて朝まで帰れないこともあるので、みんな餓死しないように非常食を常備しています。

カップ麺、カロリーメイト、お菓子などなど。
夜中になると非常食交換会という催しが始まります。

疲労が溜まってくると冷蔵庫にレッドブルやモンスターが勢揃いします。
たまに差し入れてレッドブルやカップ麺が箱で届く時もありますよ笑

クリスマスは会社で過ごす

基本的に年末は地獄の繁忙期なのでクリスマスは会社で過ごします。
気づいたら日付が変わってるって感じですね。。。

朝「よし!今日はクリスマスだから早く帰ろうね!」

夕方「あ、これは無理だ。会社でパーティーしようか」

クリスマスはピザパーティーが毎年の恒例行事になってました笑

でもやっぱり楽しい

あるあるから愚痴に変わってしまいましたが、やっぱりデザインは楽しいし、自分がデザインした物を町中でみると達成感や嬉しさが溢れるので辞められないですね!

まだまだあるのですが書ききれないのでこれくらいでやめておきます。

あと今は結構時間的な束縛も少なってきているところも多いので、少しづつデザイン業界自体が変わりつつあるかもしれないです。まだまだ先だと思いますが・・・

近々デザイナーでよかった所も記事にするのでまたみにきてくださいね!!

この記事はARU氏の運営していた「ARULOG」より2021年8月に移管された記事です。

この記事を書いた人

ARU

デザイナー歴11年
ブロガーに寄り添うプロデザイナー
Kindleでブロガーデザイン本発売中
フォロワーが伸びるヘッダーをココナラで販売中
twitterでデザインのヒントを発信 @awdesign6


目次
閉じる