MENU

当サイトはリンクフリーです

当ブログ内の記事本文や図解等は、以下の注意事項を守っていただければご自由にお使いいただいて結構です。

【注意事項】

  • 引用元として当サイト名を記載の上、対象記事へリンクしてください。
  • 添削記事などの紹介者のアイコンは転載不可です。

ご不明な点があれば、twitterのダイレクトメールまでお願い致します。

著者

どんぐり所長

Nobilista公認バッジ

愛用 順位チェックツール

オリジナルグッズ購入

【Canva】写真の背景をぼかす方法【オートフォーカス】

背景をぼかしてある写真ってお洒落ですよね。でもそのような写真を撮るためには、大きなレンズがついた一眼レフカメラが必要です。カメラに詳しくない方にはなかなか手が出せない撮影方法ですよね。

しかし、Canvaのとある機能を使えば、簡単に背景をぼかすことができます。

この機能を使えば、素人が撮った記念撮影のような写真が、たちまち上手な方が撮ったような写真に編集することができます。

この記事では、背景をぼかす方法を画像で解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

この記事でわかること
どんぐり所長
どんぐり所長

Canvaで写真の背景をぼかす方法!

目次

背景をぼかした写真

仲良し3人組(画像はCanvaより)

この写真をご覧になってどういった感想をお持ちになられたでしょうか。にこやかにほほ笑む男性3人組。ピントは人物にあって背景はボケていますよね。

しかし、この写真は加工済みなのです。実際の元の写真はこちら。

元画像は背景のビル群が見える

背景がボケているほうが人物が良く目立つ画像になりますね。

でも、こんな画像加工、難しいんじゃないですか?

アベマキ
アベマキ
どんぐり所長
どんぐり所長

Canvaなら、簡単にできちゃうんです!

Canvaとは

どんぐり所長
どんぐり所長

Canvaとは、無料でも使えるオンラインデザインツール。

Canvaはデザイン初心者でも使いやすいデザインツールです。しかも、有料の機能や写真・イラストなどを使用しなければ無料で使い続けることができます。

ブログのアイキャッチや、図解・装飾を作るのにピッタリです。

無料版でもかなり良いデザインが作れますが、有料版だと写真やイラスト、フォントが使い放題になります。有料版を使いだしたらやめられなくなりますので、ぜひご検討くださいね。

Canvaの無料版と有料版の比較記事はこちら

Canvaで背景をぼかす方法

この写真をほかしてみよう
STEP
画像を編集を押す
どんぐり所長
どんぐり所長

ぼかしたい画像を押したあとに、上部バーの画像を編集を押そう!

STEP
左サイドバーからオートフォーカスを選択
オートフォーカスを選択

左サイドバーの中に「オートフォーカス」がありますので、選択してください。

STEP
自動で背景にぼかしが入る
自動で背景がボケる

オートフォーカスボタンを押すだけで、背景が自動判別されぼかしエフェクトが入ります。

ただし、この状態ではかなり強めのぼかしが入りますので調整していきましょう。

STEP
ぼかす度合いを調整
ぼかす度合いを調整

ぼかし強度」で、ぼかす強さを調整できます。

ぼかし強度のステータスバーを左にスライドすればぼかしが弱く、右にスライドすればぼかしが強くなります。

どんぐり所長
どんぐり所長

ここでは、少しぼかしを弱くしてみました。

STEP
ぼかす位置を調整
ぼかし位置を調整して奥のおじさんにピントをあわせてみる

ぼかし位置」を調整すると、どこに焦点(ピント)を合わせるのかを決める事ができます。

ステータスバーを左にスライドすれば手前に、右にスライドすれば奥に焦点が合っていきます。

どんぐり所長
どんぐり所長

奥のおじさんにピントを合わせる事も可能!

STEP
適用を押して完成!

丁度良い、ぼかし強度・ぼかし位置を見つけたら「適用」ボタンをおしてください。

どんぐり所長
どんぐり所長

これで、調整した写真が保存されました。

途中で他の作業に移行してしまうと、保存されずに最初に戻ってしまうので注意しましょう。

オートフォーカスの注意点

オートフォーカスはボタン一つで背景をぼかしてくれる、とても便利な機能です。

しかし、問題点がないわけではありませんので把握しておきましょう。

背景がうまく班別できない場合がある

Canvaが自動で画像を解析し、背景と人物などの境界や距離感を班別します。

その際に、どうしても背景が上手に班別できない場合があります。

それは、人物と背景の色が似すぎていることや、写真自体が細かく複雑な場合に起こることが多いです。

そうなってしまった場合、その写真を上手にオートフォーカスで背景をぼかす事はできませんので、他の写真を使用しましょう。

背景との境界線が出すぎる、カクカクになる

背景の境界がくっきり出すぎる、またはカクカクになって合成写真のようになる場合があります。

こちらの理由も、元の写真の色や構図で、Canvaの自動解析が追い付かない場合に起こります。

この場合も、オートフォーカスで上手にぼかす事は難しいので、別の写真で試してみましょう。

オートフォーカスに関するQ&A

オートフォーカスは無料で使用できますか?

オートフォーカス機能は無料版でも使用することができます。

ぼかす対象は選べますか?

ぼかす対象自体を選ぶことはできません。ただし、写真内の距離感を自動で解析していますので、ピントを合わしたい位置を調整することで希望の対象をぼかすことができます。

ぼかした写真を元にもどせますか?

適用を押して保存してしまうと元に戻すことができません。適用前なら戻るボタンで戻ることができます。保存後は元写真からやりなおしましょう。

ベータ版ということですが、使用しても大丈夫ですか?

完成されたサービスではないのでベータ版となっていますが、使用することに問題はありません。ぼかしの自動解析や挙動など、まだまだ技術的向上が必要なためベータ版となっているようです。

Canvaなら簡単に背景をぼかしてお洒落な画像が作れる

記念撮影のようになってしまった写真も、Canvaを使えば奥がボケた素敵な写真に早変わり。

しかも、ボタンを一つ押すだけでCanvaが自動で背景を抽出してぼかしてくれるのです。

ブログのアイキャッチに使用する場合も、背景をぼかせばそこにテキストが乗せやすくなります。ごちゃごちゃしたところに文字を乗せると読みづらいので、この機能を活用してみましょう。

どんぐり所長
どんぐり所長

こんな便利な機能は使うしかないですね!では、またっ!

推奨ザインツール

当サイトでは、無料でもオシャレなデザインが簡単に作成できる、「 Canva 」を推奨しています。無料でも相当なレベルのデザインができるのですが、一度PROにすると無料には戻れなくなってしまいました。その秘密は、下記の記事に。

Canvaを詳しく知る

おすすめWordpressテーマ

私は、導入するだけで一気にお洒落になるWordpressテーマ「SWELL」をおすすめします。デザイン性はもちろん、その操作性は特筆ものです。

SWELLを愛用する私が実際に使用してきた内容を加えた、詳しい記事を書いています。ぜひご参照ください。

SWELLを詳しく知る

トップページへ戻る

お気軽にコメントください

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次