👉 今イチオシのクラウド型 順位検索ツール【Nobilista】愛用レビュー!

【めんどくさがり専用】簡単にアイキャッチを作るコツとは!?

記事を書くのは好きだけど、アイキャッチを作るのが苦手。そんなブロガー、ライターの方は多いのではないでしょうか。

アイキャッチが格好悪いと読者が離れる原因になってしまいます。でも、そこまで時間を掛けたくない。そんなあなた。一番簡単にアイキャッチを作るコツがあるとすれば知りたいですか?実は簡単にデザインするにはコツがあるんです。

では、この記事でそのコツをお教えしましょう。

著者
目次

アイキャッチ作成を簡単にするのは写真選び

アイキャッチ作成を簡単にする為に、一番大切なのは「写真の選び方」です。アイキャッチに適していない写真を選ぶと、余計な手間が増え、まとまったデザインにするために手間がかかってしまいます。

アイキャッチに適していない画像とは

アイキャッチに適していない画像とは、情報量が多く乱雑としている写真です。ごちゃごちゃしている画像の上にテキストを置いても、文字が読み取れません。読み取れるようにする為に、画像の調整を行ったり、テキストボックスを設置したりと手間が増えてしまいます。

情報量が多い写真の例

情報量が多い写真の例として、多いのは木漏れ日の入る森林や都市の写真、人数の多い雑踏などです。情報量が多い箇所にテキストを乗せると、文字がボケて視認性が悪くなります。

上の写真は、文字にエフェクトをかけて読みやすくしているのですが、それでも視認する事が難しい状態です。

雲の多い空
高速道路のジャンクション
木漏れ日のさす森林
ネオン煌めく繁華街
明るい星雲
人の多い交差点

アイキャッチを簡単にする写真選びのコツ

アイキャッチを簡単にする写真とは、ズバリ、「文字が乗せやすい写真」です。これが見つかれば、アイキャッチは完成したようなものです。

では文字が乗せやすい写真とはどのようなものでしょうか。以下の様な特徴があります。

  • 空や壁など、無地のスペースが空いている写真
  • 写真の色の濃さが薄い(白に近い)、逆に濃い(黒に近い)写真
どんぐり所長
どんぐり所長

理由を解説していきますね。

無地のスペースが空いている写真

テキストを置くスペースのある写真

無地のスペースが空いているという事は、文字を打つ為のスペースが用意されているのと同じことです。

無地のスペースの上ならば、文字の色も見やすい一色に統一できます。無駄なエフェクトを書ける必要もなく、文字の内容を視認することができます。ですので、わざわざ素材などでテキストボックスを設置する必要がなく、アイキャッチ作成の手間をひと手間減らすことができます。

雲のない空
犬の後ろの黒い壁
木の机
部屋の壁
コンクリートの壁
背景がぼかしてある白い砂浜
どんぐり所長
どんぐり所長

普段から写真サイトでアイキャッチに適した写真を見つけたら、ダウンロードしておく癖をつけましょう。

文字を入れるエリアの明るさ

文字を入れる予定の箇所の明るさも大切です。白に近いほど明るい。または、黒に近いほど濃い明るさなほど、文字は入れやすくなります。薄い所には黒に近い文字、濃いところには白文字が使用できるからです。

中途半端な明るさの場合、ふちどりや影を付けるなどの工夫をしないと文字が読めないといった場合がでてきます。また、テキストボックスを用意するなどの手間がかかります。

なるべく、明暗どちらかに振れている画像を使用することで、アイキャッチ作成の手間をひと手間減らすことができます。

明るい空
透き通った夜空
白い机
宇宙と惑星
白い紙
ノートと紫のデスク
どんぐり所長
どんぐり所長

私は白文字が入れられる画像が好きです。

最適な写真がみつかったら、シンプルに文字入れ

テキストエリアの確保された、良い明暗の写真がみつかったら、もうあと少しです。テキストエリアが濃い色なら白文字、淡い色ならダークグレー(#111111~#333333くらい)で文字を入れます。

どんぐり所長
どんぐり所長

真っ黒文字(#000000)は鮮やかすぎるので避けるのがコツ。

色付きの文字でもいいのですが、組み合わせ(配色)が難しくなるので、簡単に仕上げたい場合は、白か濃灰で文字を入れるようにしましょう。

どんぐり所長
どんぐり所長

テキストは伝えたいキーワードを箇条書きにするとシンプルになります。

毎回写真を探すのが面倒なら、気に入ったものをテンプレートに

アイキャッチに適した写真がみつかれば簡単ということは分かったと思います。とはいえ、毎回画像を探しに行くのはとても面倒ですよね。

そんなあなたには、テンプレート化をおすすめします。気に入った写真を選び、毎回同じ写真でテキストだけ変更していくのです。カテゴリーや内容別に分けてもいいですね。

テンプレートを作る事で画像を探す時間が省け、さらにアイキャッチを作成するのが簡単になります。

外部サイトに探しに行く手間も減らしたい

写真を探す時に、ぱくたそや写真AC、O-DANなどの無料素材サイトで手に入れる事が多いでしょう。しかし、最も簡単にアイキャッチを作成したいなら、デザインを作成しているツール内で写真を探してしまえるものが最適。

Canvaなら、デザインを作成しながら、素材や写真も探せるので、外部サイトに写真を探しに行ってダウンロードしてくるという「二手間」減ります。

さらに有料版のCanvaPROを使えば、写真や素材も制限なく使用することが可能になります。かなりの時短になりますので、Canvaを多用する方は、ぜひPROも検討してみてください。

どんぐり所長
どんぐり所長

手軽に、簡単にアイキャッチを作りたいなら、Canvaだけで終わらせてしまいましょう。

撮影が得意なら あなた自身で撮影してみて

テキストエリアを確保した写真を探すのも、結構手間がかかります。見つけた時にどんどん保存して確保していくのがよいでしょう。

しかし、あなたが思っているような写真が見つからない時はどうしたらよいか。あなたがカメラがお得意ならば、自分で撮影しに行くのもよいですね。自分自身で撮影すれば、被写体をずらして、テキストエリアを確保するのも思いのまま。

どんぐり所長
どんぐり所長

アイキャッチ用に撮影なんて、考えてもみなかった。

あなたが撮影することで、一次情報の写真になりますので、さらに評価が上がりそうですね。

アイキャッチを簡単にするコツは写真選びにあり

デザインを楽にする写真を使用する事で手間が減り、アイキャッチを作成する時間を短縮することができます。わざわざ難しい写真をなんとか使えるようにするよりも、もともと文字の入れやすい写真を使う事で、簡単で視認性のよいアイキャッチを作る事ができます。

日頃から、写真サイトで「文字が入れやすい写真」を見かけるたびに保存するクセを付けておくと、いざアイキャッチを作るという時にとても楽になります。

また、気に入った写真を探すよりも、あなた自身で撮影してしまってもいいかもしれません。その際は、テキストエリアを確保して撮影してみてくださいね。新しい世界が見えてくるかもしれません。

どんぐり所長
どんぐり所長

最適な写真があれば、アイキャッチ作成はあっという間です。

推奨ザインツール

当サイトでは、無料でもオシャレなデザインが簡単に作成できる、「 Canva 」を推奨しています。無料でも相当なレベルのデザインができるのですが、一度PROにすると無料には戻れなくなってしまいました。その秘密は、下記の記事に。

Canvaを詳しく知る

おすすめWordpressテーマ

私は、導入するだけで一気にお洒落になるWordpressテーマ「SWELL」をおすすめします。デザイン性はもちろん、その操作性は特筆ものです。

SWELLを愛用する私が実際に使用してきた内容を加えた、詳しい記事を書いています。ぜひご参照ください。

SWELLを詳しく知る

トップページへ戻る

お気軽にコメントください

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次