ブログアイキャッチのおすすめサイズとパターン例

アイキャッチを作ろう!

でもどうやって作ったらいいのかな…?

サイズも構図も全然分からないや。

どんぐり
どんぐり

そんなあなたに贈る記事です!

この記事でわかる事

おすすめのアイキャッチ画像のサイズ

アイキャッチのデザインの基本パターン

この記事では、アイキャッチの基本の構図について解説していきます。

また、この記事はプロデザイナー「ARU」氏のデザインも参考にしています。

さらに詳しく知りたい方は、ARU氏のブログ、電子書籍もご参考ください。

参考

最後まで読むと、基本の構図が身に付きますので、是非全部読んで持って帰ってくださいね!

目次

アイキャッチ画像のサイズ

アイキャッチのおすすめサイズ
アイキャッチのサイズ

アイキャッチのサイズは横1200px、縦630pxがよいでしょう。

アイキャッチのサイズはご自身のサイトでの表示に合わせるのが一番よいです。

ただし、当サイトにおいては横1200px、縦630pxを推奨いたします。

バランスよく美しく見えるサイズ感です。

是非、ご活用ください。

Canvaでこのサイズで作りたいときは、「はてな」と検索し「はてなブログ アイキャッチ画像」を選ぶとこのサイズになります。

6:4パターン

アイキャッチのおすすめ比率(6:4)
6:4のアイキャッチイメージ

写真エリアとテキストエリアを6:4で分ける構図です。
左右逆や割合逆も可。
簡単に美しい構図を作る事ができます。

テキストエリアと画像エリアをバランスよく分ける事で、見やすくかつ美しいアイキャッチをデザインする事ができます。

テキストと画像は逆になっても問題ありません。

より目立たせたい方を6割としましょう。

境界ライン

境界ラインを変更する事で、相手に与える印象を大きく変える事ができます。

かんたんな事なのに効果は絶大。

是非試してみてください。

波線

アイキャッチの波線境界線
波型の境界線を使用したイメージ

境界線を「波線」とすることで、やわらかくて流れるようなイメージを与えることができます。

優しいイメージにしたい場合に使用すればよいでしょう。

ギザギザ線

アイキャッチのギザギザ境界線
ギザギザの境界線を使用したイメージ

境界線を「ギザギザ」にすることで、インパクトを与える事ができます。

スタイリッシュなイメージになり、クールなアイキャッチをデザインする事ができます。

チャレンジングですが、取り入れてみる価値は多いに「アリ」です。

丸パターン

アイキャッチ丸形のテキストエリア例
丸型のテキストエリアを中央に配置したイメージ

風景写真などをバックに使用し、中央の丸をテキストエリアとして配置します。

中央に丸型のデザイン素材を用いる事で、やわらかい印象のアイキャッチを作成する事ができます。

写真の上にテキストを置くと読みづらいのがふつうですが、テキストエリアを設置する事で読みやすくします。

丸型のテキストエリアは30~50%ほど透過させて写真を目立たせてもよいでしょう。

四角パターン

アイキャッチ四角型のテキストエリア例
四角のテキストエリアを中央に配置したイメージ

風景写真などをバックに使用し、中央の四角をテキストエリアとして配置します。

中央などに四角型のデザイン素材を用いる事で、スタイリッシュな印象のアイキャッチを作成する事ができます。

写真の上にテキストを配置したい場合の、テキスト下地として使用します。

四角型のテキストエリアを設置する事で、どこにでもテキストを配置することができます。

このテキストエリアも透過させてもよいでしょう。

帯を使用したパターン

アイキャッチ帯型のテキストエリア例(横)
横型の帯を用いたイメージ

テキスト用の帯を用いる事で、写真を活かしたままテキストを見やすく表示する事ができます。

横型の帯を用いたパターンのアイキャッチ添削

横型が基本形ですが、縦・ナナメなどもインパクトがあって良いです。

アイキャッチ帯型のテキストエリア例(ナナメ)
ナナメの帯を用いたイメージ
アイキャッチ帯型のテキストエリア例(縦)
縦型の帯を用いたイメージ

写真の構図なども検討して、選択しましょう。

運用する媒体にる構図パターン

ブログを運用する上で、他のメディアを活用する事は大切な事です。

どうやって集客するのか?

これはブロガーの永遠のテーマでしょう。

twitterやYoutube、ブログ村など他メディアからの流入を狙って運用している方も少なくありません。

それぞれの媒体により構図や文字の入れ方などが変わってきます。

ブロガーが他メディアを活用する意味については、こちらの記事が詳しいのでご紹介します。

ブログ村仕様のアイキャッチ

ブログ村用のアイキャッチサイズ
ブログ村を意識したアイキャッチイメージ

ブログ村を利用されているブロガーは多いと思います。

しかし、ブログ村で実際にどう表示されているか意識している方は少ない。

ブログ村では中央の正方形しか表示されていません。

通常の横長のアイキャッチでは左右が見切れてしまいます。

見切れるエリアに大切なキーワードを入れていると、ちゃんと表示されなくなってしまいます。

ブログ村を主戦場として利用を考えている方は、抑えておきたいポイントです。

ブログ村を意識したアイキャッチ添削をした記事

Youtubeでも兼用するアイキャッチ

Youtubeのアイキャッチはブログと違ってインパクトが大切です。

綺麗な写真を見せるよりも、大事なテキストを強調するべきです。

テキストにおいても「どういうことなの?」とクリックしたくなる内容にする方がよいでしょう。

Youtubeは動画時間が被る

右下には動画時間が載る事があるので空けておくことが必要です。

Youtubeでも使える煽り系アイキャッチの記事

自分の定型パターンをつくろう!

自分のおきまりの「かたち」を作る事で、ブログ運営がぐんと楽になります。

アイキャッチを統一する事でブログ全体に統一感がうまれ、権威性があがる事も予想できます。

ぜひあなただけのアイキャッチの「定型」をつくってみましょう!

目次
閉じる